【祇園祭特集】うちわ型帯留め(千鳥/とんぼ)

by 中嶋象嵌

¥13,200(税込)

京都の伝統工芸品、布目象嵌はかつてお城の道具として「鎧」「兜」等の装飾に使われていた技術で1200年の歴史があります。

今年50周年を迎えた「中嶋象嵌」では若い職人が全ての工程を手仕事で作品を作っています。特に糸のこぎりで手切りした透かし模様の作品や別ブランドZINLAYはステンレス素材のアクセサリーとして高評価で、伝統と斬新をモットーに精進しています。

商品説明
病魔などを撃ち払う魔よけの意味を持ち、夏のモチーフの団扇を帯留めにしました。

千鳥模様
青海波は人々の平安な暮らしへの願いが込められた縁起のいい古くから身近な吉祥柄です。

とんぼ模様
とんぼは前にしか進まないため勝ち虫と呼ばれる縁起のいい柄です。

価格
13,200円(税込)
本体価格 12,000円

内容
1個

サイズ
縦50mm×横30mm

商品に関するお問い合わせ先
中嶋象嵌